作家になるための方法はいくつかあります。一つは、どこかの新人賞に応募し、賞を受賞して単行本をその出版社から出版すると言うものです。二つ目は、自費出版をし、著書を持つということです。これら二つの方法にはどのような違いがあるかを見ていきます。まず、新人賞を取って作家になるという方法についてご説明します。新人賞とは各出版社が定期的に新しい作家を生み出そうと行っているもので、頻度は出版社によってばらばらです。一年に一度のものもあれば、半年に一度、毎月などというものもあります。作家になる方法の一番王道の形はこの新人賞に応募して賞を受賞するというものなのですが、これが王道だけにかなり狭き門となっています。ほとんどの新人賞では、選考過程が一次選考、二次選考、三次選考、最終選考、といった具合に段階を踏んで行われています。

通常はこの最初の段階である一次選考を通過するだけでも困難です。一次選考では基本的に下読みという出版社が雇っている人たちが行うのですが、この人たちは売れない作家やライターなど、すべて文章におけるプロの人たちです。つまり、生半可なものではこの人たちのおめがねにかなうことなく、一次選考で落選という形になってしまいます。一次選考を突破するためにはまず応募した作品がきちんと小説になっているかということが重要となります。送られてくる作品のほとんどは小説らしきもので、まだ小説にはなっていないのだそうです。ですので、きちんとした穴のない小説を作り上げることが一次選考を通過するポイントとなります。一次選考を通過するぐらいの実力があれば、後はほとんど運です。なぜなら小説を書く力はきちんと備わっているからです。後は選考委員の好みに合うかどうかといったところでしょう。次に自費出版です。前述の通り、新人賞を取って作家になると言うことは困難な道のりです。そこで、自分で本を出版してしまえばわざわざ新人賞を取らずとも作家になれてしまうのです。しかし、この自費出版には欠点がいくつかあります。一つは、莫大な資金がかかってしまうということです。

少なくとも数百万単位の資金がかかってしまうということは覚悟しておかなければなりません。次に、それはちゃんとした作品になっているかどうかがわkらないということです。新人賞であれば下読みや選考委員のプロの方たちが目を通して世に出るわけですからきちんとしたものになっているということですが、自費出版は費用さえ自分で負担すれば出版することができるのです。ですので、いざ出版したものがきちんとした作品になっていないと、恥をかく可能性があります。このように自費出版にはリスクがありますが、それでも世に自分の作品を出して誰かに読んでもらいたいという人にはいい方法なのではないでしょうか。